どうして31cm以上なのですか?Why is it over 31cm

NPO 法人HERO にウィッグの申し込みをされている子供たちの全てが、
フルウィッグを希望しています。
そして、フルウィッグを作るために必要な髪の毛の長さが、31cm 以上なのです!
ウィッグのベースに植毛するときは、V 字にして植えます。
31cm の髪の毛でしたら、半分に折って約15cm の長さで植えていきます。
これを頭の上から襟足まで、20 人から30 人分を植毛することで、
ショートヘアーのウィッグができます。
このウィッグをその子に合わせてカットするわけですから、
実際はもう少し短いウィッグになります。
申し込んできている子供たちのほとんどが女の子で、
少しでも長い髪の毛を希望しています。

15cmから募集している団体もありますが.....

他の団体で、15cmから受け付けているヘアドネーションでは、フルウィッグの作成はできません。
31cm未満の髪の毛でできるウィッグは、インナーウィッグと言って、頭頂部に植毛をしないウィッグです。頭頂部は帽子をかぶって隠します。
この事は、15cmから受け付けているこの団体も、ホームページやSNSなどで明確にしています。

今まで私たちがプレゼントしてきたお子さんの中には、ウィッグの完成に合わせ転校した男子中学生や、髪が抜け始めた当初、市販のウィッグを使ったのですが、自分の頭にサイズが合っていなかったため、いじめにあってしまい、不登校になってしまった女子中学生などがおりました。
このように、髪の毛の問題は、思春期の子供たちにとってはとてもデリケートな問題なのです。

私たちは、はたから見て違和感がなく、かつらとわからない人毛のオリジナルウィッグをつけることにより、髪の毛の問題でふさぎこんでしまっている子供たちの手助けをしたいと考えています。
一定の治療を終え復学するにあたり、その子のために作ったオリジナルウィッグをつけることにより、少しでも笑顔や元気を取り戻し、前向きになれるのなら、その後の治療や生活に、きっといい影響が出るのではないでしょうか。
そして、そのために必要なウィッグは、その子に合わせて採寸し、型どりを行って製作するオリジナルのフルウィッグなのです。
現に、私たちの元に申し込んできている子供たちは全員がフルウィッグを求めています。

ですので、私たちに31cm未満の髪の毛を送られても使い道がないのです。
15cmから寄付ができるという情報だけが一人歩きしてしまい、フルウィッグに必要な髪の毛が集まりにくくなっています。
大切なことなので、もう一度繰り返します。
15cmから31cm未満で作られるウィッグは、頭頂部(頭のてっぺん)に植毛をしないウィッグです。
子供たちが望んでいるフルウィッグの製作には、31cm以上の長さの髪が必要なのです。

まずは、ヘアドネーションを考えている方は、31cm以上の髪で作られるウィッグと、31cm未満で作られるウィッグの違いをよくご理解の上、ご自身がどこに寄付をするのが一番良いのかを確認してくださいね。

本当は、寄付の選択肢が増えると言う事は、双方にとって喜ばしいことなのですから。

 Page Top